Day3  Chapter2 : Copenhagen,Denmark


DSCF0533のコピー


デンマークで念願の人魚像と対面を果たしたなたーちゃ。
自分でデンマークに来たいと言っておきながら、留学中のHちゃんにすべてお任せのプランで旅行をするというダメ人間っぷりをここまで見事に披露しているけど、なんとか初海外で3日生存できている!
ありがとうHちゃん! 


コペンハーゲン市内観光の続きを行くよー!


聖アルバン教会


次の目的地までの通り道にあった教会。


北欧といえばデザインの国なのですが、教会に関しては案外実用的というか、質素な建築が多いです。

こちらはデンマーク唯一の英国国教会らしく、地味ながらオシャレな外観でした。




DSCF0542


こちらは石のブロックと、黒い石を埋め込んだ模様を上手に生かした建築。



DSCF0540のコピー

窓のモチーフが円形を組み合わせたデザインで、とても綺麗。
あまり大きな教会ではないです。



アメリエンボー宮殿衛兵交代式を見に行く

CLIr9name

ノルウェー編でも2回見たけど、やっぱりデンマークでもハズせないのがやっぱり衛兵交代式。
北欧=王国というアイコンであり、メジャーな観光スポット(?)が、この衛兵さんたちです。


DSCF0555name



3つ宮殿があるらしいんだけど、たぶんアマリエンボー宮殿だったと思う。
ヨーロッパ特有の広場に集まる人々。(寒いので人数少ない…)
これから、ここで衛兵交代式が行われる模様。

衛兵といえば、徴兵制のある北欧ではとくに若い男性がやるもの…当然、イケメンが大量にいるに違いない(単純思考)。
みぞれが降りそうな天気の中待っていると…




DSCF0558name


ぬっ!


DSCF0560name

来た…

DSCF0561name


来たぁぁぁ!

イケメン衛兵軍団登場。ノルウェーよりも人数が桁違いに多い。
そしてみんなイケメン。もうどこまでも犬のようについていきますとも、いいですとも!(喪女ベーザ)








ボヤボヤで画質悪いですが、動画もあるのでよかったら見てください。


(個人的に30秒あたりがポリス○カデミーっぽい…)




DSCF0554name

非番の衛兵さん。普段はふつうの若者。


PAP_0074

適度に個性が潰されるのにとてもメルヘンでイケメンに見えるこの制服、とってもいい…



おまけ


DSCF0551name


アメリエンボー宮殿すぐ前にあったセクシーなポスター。王宮の目の前だぜ? と思ったが、エロ絵もwaifu(二次元嫁)も、欧州ではアート扱い…って本当?







デンマークの港町・ニーハウンへ向かう




DSCF0482name_2

みぞれのような雨が降って来て若干(大嘘)寒い。
とっても寒いの間違いです、海辺+北風が強い。

DSCF0486name

そろそろ夕暮れ。
水上バスに乗って、ニーハウンの町へいきます。

いきなり接岸すると、フロントのドアが開くの、かっこいい。(FF8オープニングの上陸シーンで見た揚陸艇にすこし似てる?)





DSCF0488name
寒いし暗いしもうボヤボヤで本当は使えない絵なんですが、こんな感じでかっこよく走るのです。




DSCF0490name_2

乗っちゃった!


横浜のシーバスほど地元市民が使わないものではなく、公共交通なので普通に地域やこのあたりで働く人たちが乗って行きます。中があったか〜い。



ちなみに、これから行くニーハウン(Nyhavn)とは新しい港という意味。
名前からしても、デンマークの横浜だと思った。(横浜は新しく開港した場所なので)



急に日が暮れて、夜の明かりが見えてくる。
私の後ろに見えるのは、オペラハウス。


DSCF0496name_2
さすらいのギャンブラーかイケメントレジャーハンターさんはどこ…ここ…?






DSCF0501name

コペンハーゲンの横浜こと、ニーハウンに着いたよ。
ここは、童話作家のアンデルセンもお気に入りの場所だったとか。




DSCF0500name


当時のよくないデジカメだし寒いわでボヤボヤで港らしい絵があまり撮れませんでしたが、Hちゃんととことこ港町を歩いて行きました。


DSCF0507name

おしゃれなレストランなどもあり、なんとなく、私の出身地である横浜を思い出さずにはいられないなあと、北欧へ来たのになぜか思ってしまいました。
おしゃれな町、青い海の色、どこか似ている。


移民の国デンマーク




夜。
さて、夕ご飯をどうしようかとなったが、北欧の外食はとにかく高いので、学生とフリーターには異次元レベルである。

二人で駅前の一番安いファストフードらしき場所でご飯を買った。
ここはトルコ系の店で、私は一番安いピザを買って食べた。 結構人気で繁盛していた。
DSCF0516name

トルコ風かどうかはきわめて微妙なピザ。
海外のアジア系料理には総じてダシの概念がないので、味が薄い。



駅前にはいわゆるムスリム系移民の若者がたむろしていた。


私がデンマークで食べた純粋な北欧料理と呼べるものは、Hちゃんの作ってくれたものとホテルでの朝食だけなんだけど、まあこういう移民料理もまた、現代北欧を体現したお味なのかも。




DSCF0513name

毎日歩いてくたくた。おやすみなさい





つづきます



番外編