IMG_5087
埼玉を巡る旅人ですが、実は横浜出身のおすし(歌う時は『なたーちゃ』)です。
  


さて、


でもお伝えした通り、うつから抜け出すメソッドを自分の身体を使って実験するカフェ旅です。

遠出はまだまだしんどいけど、少しずつ身体を外に馴らしていくために、カフェという動機づけをしながら身体を治すという発想の元のお出かけです。

あまり遠出できないので、第一回目〜しばらくは、私の出身地である横浜のカフェめぐりを地域紹介を交えつつお届けします。


横浜西口地下街は歴史が長い!


横浜には西口と東口があって、両方の出口でかなりカラーが異なります。
横浜西口といえば、巨大な地下街があるのが特徴。
ダイヤモンド地下街として1964年にオープンし、2013年に駅ビルジョイナスに統合された、とても歴史の長い地下街です。
ヨーロッパから来た友人も驚いていたのですが、こうした巨大な地下街は珍しいので、駅前の土地が少ないという日本特有の事情が見えますよね。


さて、ここに、1974年に本店オープンという、これまた歴史の長いカフェがあります。


紅茶専門店サモアール




横浜西口にお店を構えて35年以上の歴史があるという紅茶専門店です。
地下街の中の町のような所を見ながらお茶を飲むという、ちょっと斬新な立地です。

お店も地下街も歴史がある場所です。



早速、名物のミルクティーを注文!





IMG_5089



見てください、このフワフワのミルク泡。

こんなミルクティー、知らない…
なめらかなミルクのテクスチャーとほどよい温度のお茶、そして香の3点が揃ったミルクティーです。

お値段は700円台が多くちょっとお高めなのですが、も実はヒミツの方法を使って割引ができたり(気になる人は探してみよう!) 日替わりサービスのお茶(630円)があったりもします。
高級なお紅茶ですが、家ではこんな風には作れません。うつ気分を鎮めるお薬湯と思ってゆっくり味わいます。 






IMG_5090

今回、注文したのはシナモンミルクティー。
なんと、シナモンスティックがまるっと一本ついて来ます。こちらを紅茶に浸けていただくとのこと。
シナモンはリラックス効果が期待できるスパイスですから、うつ病にもよさそう?






ちなみに、関東大都市圏駅ナカのカフェは高いです。一杯810円とかザラの世界です。


※参考価格(別のお店の)





サモアールのティーもなかなかいいお値段なので頻繁には来られないですが、頑張った時など自分へのご褒美にいいですね。



埼玉を巡るおすし(なたーちゃ)