IMG_6699



でもお伝えした通り、うつから抜け出すメソッドを自分の身体を使って実験するカフェ旅です。

遠出はまだまだしんどいけど、少しずつ身体を外に馴らしていくために、カフェという動機づけをしながら身体を治すという発想の元のお出かけです。

あまり遠出できないので、しばらくは、私の出身地である横浜のカフェめぐりを地域紹介を交えつつお届けします。


横浜は商店街が元気!


最近は商店街衰退の悲しい話が多いですが、横浜では商店街がまだまだ元気です。
横浜市は政令指定都市にしては、人口373万人(2018年)と、ズバ抜けて多い都市。
やっぱり、交通の便もいいですし、人がとにかく多いのです。

それに加えて、大都市でも顔の見える町内会がここには残っています。


IMG_9442
ご近所観覧の商店街プロレスとか


天王町流しそうめん

イベントで流しそうめんもやってます!(2017年) 横浜の商店街は元気!




横浜にはあちこちに商店街にあって、まだまだ昔ながらの光景が残っています。
(しかも安くて便利)
若い人の姿はあまり多くはありませんが、子育て中のファミリー世帯や高齢者世帯にとっては、近くて便利なお買い物場所として人気です。


横浜の商店街には、ちょっと休んだり、お茶の飲める喫茶店が各所にあります。

実はこれが個人商店の多い商店街ならではというか、建物からコンセプトからなかなか個性派揃い。
コンプすると結構マニアックなカフェ旅になりそうです(お金が足りないけど)。

今回は、横浜市保土ヶ谷区にあるリトル北欧!?なカフェへ行ってきました。


フィンランドカフェ・ポロ珈琲



IMG_6700

北欧といえば、私が 初海外旅行先に北欧を選ぶほど、北欧大好き人間なことは言うまでもないのですが、夏にフィンランドから帰ってきて早くも北欧が恋しくなりました。

日本にもフィンランド、ないかなあ?
探してみると、意外と日本で北欧専門店というのは少ない…
ですが、その数少ない北欧の、それもリアルな北欧メニューを扱ったお店が横浜にあるという…!


それがこちら、ポロ珈琲さん。

天王町商店街の一本裏の、ちょっと目立たない場所にあります。


一歩店内に入ると、もうそこは北欧。
照明から家具から何から、もうすべて北欧。たぶん、北欧より北欧。
















店長さんがおそらくフィンランドに長期滞在されていたのかと思いますが、意外と外から見た人のほうが、よりいろいろなことに気づけるんですよね。



IMG_6698
コースターもマリメッコ(北欧のテキスタイルブランド)っぽい…


IMG_6697

北欧ではこういうやわらかい暖色の明かりがメインです。落ち着くなぁ



早速、フィンランドメニューを注文!






IMG_6695


夕方だったので、ちょっとお腹が空いてた。軽食注文。


セットの内容は、サーモンの入ったフィンランド風クリームスープ、サラダ、トーストオープンサンド。
フィンランドでは高くて外食できなかったので、日本でフィンランド食をいただきます。



IMG_6696


おいしいっ!


このプレートで500円ってウソでしょ!? 商店街カフェはこんな穴場なんです。
(ドリンクは別注文しました。オレンジジュースのソーダ割りで、こちらもおいしかった。350円)

クリームスープは、スモークサーモンのような薄いスライスした身を、チャウダーよりライトに仕上げたもの。何杯でもいけそうだった(胃袋スペースの多い女)
あったかいスープって、心身疲れている時にとっても元気になる。



IMG_6694


店内にはひたすらフィンランドや北欧づくしの本があったり、店長さんが行ったと思われるフィンランドの写真が。

私も行ったヘルシンキの写真があったりして、同じ場所に行っている人が違う風景を撮っていて嬉しいなと思う、旅人特有のノスタルジーを味わう。




IMG_6693

星型の素敵な明かりが目印。
店内にはフィンランド語のラジオが流れていて、フィンランドの思い出に浸りながら何時間でもいたくなってしまった。


早く全快して、またいろんな旅がしたいな。





埼玉を巡るおすし(はたーちゃ)